キャリアプランに固執しずぎないことも大切

自分の仕事人生を考えた場合、ある程度仕事経験をを重ねた段階でキャリアプランニングをすることが大切になるでしょう。

自分のキャリアをどのように伸ばしていって最終的のどのような所まで到達したいのか、さらにそれを実現するにはどういった経験を積みどのような職種の仕事をしていくのを具体的にプランニングすることによって、その後の仕事人生は大きく変わってくる可能性があります。しかし、いくら具体的な計画を立てたからといってもその計画にこだわり過ぎるのはかえって損をするかもしれません。

自分が働いている職場の状況によっては、自分が意図していなかった仕事を担当することになるケースもあるでしょう。できれば避けたいと考えていた職種を担当することも考えられます。仮に計画通りではなかった仕事でも、それをチャンスと考えることも大切なのです。あらかじめ自分が考えていたプランとは違っていても、いろいろな経験をすることはその後の仕事人生にプラスになることもあるからです。

職場の状況の変化に応じ、またその求めに応じて対応していくという臨機応変さもビジネスにおいては重要だと思います。なぜなら、自分では気が付いてない能力を周りが評価してくれた結果の期待であり求めかもしれないのです。キャリアプランニングを立てそれに沿って自分を伸ばしていくことは大切ですが、その計画が完璧である保証はありません。

実は、プランから外れることが自分自身を大きく成長させ目標達成の近道になることもあるのです。そのため、あえて転職をし自分に新たな学習環境を与えることが、スキルアップになることもあるでしょう。しかし、あまり自分に無理を強いすぎるとメンタルの不調が起こってしまうこともあるので、自分の心とのバランスを図りプラン外の体験を取り入れてみてもよいでしょう。メンタルへの対策には「メンタルヘルスサポーターズ」をぜひご活用ください。エンジニア経験をもつカウンセラーのサイトなので非常に有益な情報が掲載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です