自分のキャリアを形成する事の難しさ

キャリアプランニングを社会人の初期から意識していく事が非常に重要です。専門分野を大きなカテゴリの中から選択し、その基礎知識や業界に関してしっかりと学習します。金融や不動産、IT等、専門分野を決めてからは実務経験を積みながら、専門知識の拡充を図ります。暫くすると自分の適性や新たに興味を持つ分野が出てくるので、それがビジネスの分野で有用かどうかを考えながら、適宜新たなスキルアップを図っていきます。

変化の速い時代では必要とされるスキルは変化していきます。そのような中でのキャリアプランニングは大変難しいです。ただ、どんなに高いスキルや能力が必要とされてもそれが、ビジネスのトレンドと合致していなければ、多くのメリットを自分にもたらす事はありません。エンジニアなどは、その分野の専門家としてのスキルに磨きをかける方が多く、マネジメントを志す方はMBA等を取得する為に、大学院に進学することもあります。これらの資格はただ取得すればよいというのでなく、その後でそれを活かして、どのようにキャリアを構築するかが肝心なポイントです。

最終的には自分の進むべき道をしっかり見定めて適宜、必要な知識やスキル、ノウハウを段階を経ながら、学んで行く事が大切でしょう。社会人人としての人生は長いようで短いものです。限りある時間の中で、少しでも自分の理想に近い人生を歩めるように、早期にプランニングを意識すれば後悔のない人生を歩めるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です